アラフィフでも魅力的な女性

アラフィフでも魅力的な女性とは?綺麗になった女性がした3つのこと

Pocket

 

突然ですが、アラフィフになっても魅力的な女性とそうじゃない女性の違いって何でしょうか?

 

例えば、同窓会に参加した時に「あの綺麗な女の子達はどうなったのかしら?」とわくわくしてでかけました。

 

けれど、想像していたのとはずいぶん違う彼女たちに遭遇して驚いたことありませんか。

 

反対にうんと魅力的な女性になっている人もいて「あの頃」は決してそのままは続かないと。

 

いったい彼女たちに何が起きたのか、どうすればずっと魅力的な女性でいられるのか知りたいですよね。

 

それではアラフィフになっても魅力的な女性になるにはどうすればいいかをお伝えしていきますね。

 

アラフィフでも魅力的な女性たちが身に纏っていた「美のオーラ」の正体とは

学生時代はそれほど可愛いとは思えず、その他大勢に埋もれていた人だったのに、一挙に魅力的な女性になってる人っていませんか?

 

同窓会と彼女をで会っても「あら、この綺麗な女性、誰だったかしら?」と昔の彼女を思い出すまでに時間がかかってしまって、思い出した後に「まさか」と愕然としてしまうケースですね。

 

彼女たちは綺麗になっただけではなくて自信にあふれて幸せそうだし、自分の人生に満足している様子が見てとれます。

 

つまり、同窓会で美しいと思われていた彼女たちは、女性としての懐の深さや厚みのようなものまで纏っていました。

 

学生の頃は、同じ仲間として接していたのに、今は何だか「オーラが違う」ような印象を受けました。

 

魅力を増やしていける女性と、魅力を減らしてしまう女性。年齢は同じなのにどうしてこんな風に差がつくのか?

 

ひとことで言うと、魅力を減らしてしまった人たちは、自分自身のアップデートが出来ていないということ。

 

自分の変化に合わせて自分の見た目や振る舞いを更新していくことが大事なのです。

 

大人になったら、誰から何を言われたという自覚がなくても、周りから何がしかの要求をされているもの。

 

服だったり話す言葉だったり、すべてそうなのです。年を重ねれば要求されることも変わってくるのです。




綺麗の分かれ道の最初の分岐点は35歳

年を取ると色々なものが変わってくるのを知りながら、まだまだ自分はそれほど変わってないわ、と思うちょっとだけ甘い気持ち。

 

その気持ちは、きっと誰もが持っているものだけど、はたから見れば変化は隠しようがないもの。この変化に対応しきれていない人がなんと多いことか。

 

特に30代半ばを過ぎた時がターニングポイントじゃないでしょうか。

 

だからこの時期にいる人やこの年齢を超えている方は「アップデート」という言葉を心に刻み込んでくださいね。

 

30代半ば前後というのは、綺麗な人とそうでない人の差が明確に開いていくタイミングでもあるのです。

 

加齢でマイナスが増えてしまった分、それを何かで上手に補っていくことがとても大切。

 

外見の変化を見つめて、上手にカバーする方法を身につけること。これができれば、年齢を重ねてもずっと変わらず魅力的な女性でいられます。

 

アラフィフでも魅力的な女性は「幸福感」が漂っている

アラフィフでも魅力的な女性になるには、外見のアップデートは何よりも最初にしなければならないことです。

 

でも、ただ外見だけをアップデートしただけでは、「年齢を重ねるほどに魅力的な女性」とは言われません。

 

対面した時の空気感が、どこか乾いていて魅力的じゃなかったり、話して動いている姿が魅力的に見えない人っていませんか。

 

人は目から入る情報だけを魅力的と思うのではなく「五感で感じる魅力」も理解できるものです。

 

なんだか魅力的だなと思わせる女性は、人との会話で上手に気遣いを示したり、立ち居振る舞いがしっとりと落ち着いていたりします。

 

また、話した後に「あの人とお話して良かったわ」と思えるような余韻を相手に残したりしているもの。

 

人生って楽しいことばかりではなく、つらいことも起こるものです。

 

身なりに構ってなんていられない時期だってある。でも、それに負けてしまうと空気感まで変わってくるのです。

 

大人になって社会に出ると、「どうして私にこんなことが起きるの?」と思うようなこともあるもの。

 

こういう事象に対応できない人は、残念なことにどこかで魅力を減らしてしまいます。

 

反対に、避けて通れないこういうシーンに上手に対応できた人は、いっそう魅力を増していける。

 

つらい時期をうまくくぐりぬけて、過去にそんな経験あったと思わせない人は、空気感まで魅力的になって行くのです。

 

つまりそれは、しなやかでぶれない「幸福感」というオーラなのです。

 

アラフィフでも魅力的な女性が必ず持っている「女性としての厚み」

社会に出て、就職して働き始めれば、学生時代と同じ振る舞いではいけないのは誰しもわかっていること。

 

でも、さらに新入社員の頃と5年目や10年目では、求められる振る舞いが違ってくるものです。

 

そういったことは誰でも知識としては知っていると思うけれど、どこかで気が緩んでしまってアップデートを忘れてしまう。

 

こういった周りの期待に上手に合わせていける人は、魅力を増していけるのです。学生や新入社員が持ってない大人の知性や成熟感。

 

つまり「大人の女性としての厚み」を持っている女性は、例外なく年を重ねてもますます魅力的な女性になっていくのです。




香りを上手に使いこなすことは色っぽさを磨くための不可欠な要素

 

女性ならどうしてももっておくべき「特別な魅力」の手に入れ方。

 

かわいい、キレイ、スタイルがいい、それだけでは色気のある女性になれないのです。

 

もっと深いところに響かせてこそ、「心を奪う女」になれる。せっかく女性に生まれたなら、ただの美人ではなく、本能ごともっていくような、どうしようもなく気になる女になりたい。

 

そんな女性になれるアイテムの一つに香水があります。

 

動いたときに、不意打ちで漂ういい匂い。本当に心を奪うのは、見え隠れするいい匂いです。

 

香りは毎回同じ場所につけるのではなく、会う人や場所などにあわせて仕込む場所を厳選すること。シミにならないよう、日中なら日光の当たらない部分につけます。

 

首すじに仕込めば、ハグのたび髪が揺れるたびにほわんと香ります。不意打ちなら背中。コートを脱ぐ瞬間、バックコンシャスなドレスのときにも効きます。

 

ドライブなら脚を組み直すたびに香るように内股、膝裏、足首に、色気盛りなら断然バスト下に、温度の高い部分につけるとまるで肌から香りたったように、隠れていた香りが顔をだします。

 

男の本能に響くモテる香り♡

リビドーロゼ

あまり大きな声では言えないけれど、恋をしている女性なら意中の彼と「結ばれたい...♡」と思うのは当然のこと。

 

こちらの香水は、「女性として見てもらえにくい」「なかなか彼が誘ってこない」「男性っぽいと言われる」「もっと女性として魅力が増したい」という女性の声を解決するために作られた香水なのです。

 

男性のスイッチがONになる瞬間をあらゆる角度から研究したどりついて作られた香りです!約80種類の香りを組み合わせており、デートの時間に合わせて香りが変化していきます。

 

トップノート・・甘く可愛いフルーティーベリーの香りで誘い
ミドルノート・・ミュゲ、ジャスミンの爽やかなフローラルの香りで官能性を高めて
ベースノート・・ラストに残るのは、イランイランやムスク系の印象で妖艶で落ち着く香り

 

デートを盛り上げる特別な香り成分である、オスモフェリン、イランイラン花油、キイチゴ果汁、クランベリー果汁使用されており、あまり興味のない方の前での使用は控えてください!と注意書きがあるほど。

 

さりげない大人の色気で、彼の欲望に火をつけて!

 

男性を落とす香りをまといたい方はこちらをクリックする→【an・an掲載】たまらない…と、彼にドキドキの衝動『ベッド専用香水』

 

追記:LINEのともだち登録すると割引きのクーポンがもらえます!

 

まとめ♡

いかがでしたでしょうか?

 

今回は「アラフィフでも魅力的な女性とは?綺麗になった女性がした3つのこと」をお伝えいたしました。

 

あなたに、今回解説してきた中でとても大切なことをまとめます。

 

アラフィフでも魅力的な女性とは?綺麗になった女性がした3つのこと

自分の変化に合わせて自分の見た目や振る舞いを更新している

つらい時期をうまくくぐりぬけて、しなやかでぶれない「幸福感」を得た

周りの期待に上手に合わせて「大人の女性としての厚み」を得た

 

以上が、アラフィフでも魅力的な女性とは?綺麗になった女性がした3つのことについてお伝えしてきた記事内容のまとめになります。

 

ココシャネルの名言から、少しでもあなたが何かを始めるきっかけになることが出来れば幸いです。

 

男性の本能に響くモテる香りはこちら↓

<ブログランキングの応援をお願いいたします♡ >

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ
にほんブログ村


美魔女ランキング